ネットプリント|プロが補正する写真プリント、写真現像はアビックスへ


HOME > サイドメニュー2 > カラーマネージメント > カラーマネージメント > 色管理 Photoshopのカラー設定 その1

色管理 Photoshopの設定 その1


Photoshoの設定
図1

 デジタルカメラの色空間を設定する

  • まずデジカメの色空間(カラースペース)を設定します。
  • コンパクトデジカメの場合はsRGB固定がほとんどです。
  • この場合はカラーマネージメントをsRGBで運用します。
  • デジタルカメラのRGBをsRGBに設定した場合、Photoshopのカラー設定のRGBもsRGBに設定します。
  • 一眼レフデジタルカメラで撮影する場合はカラースペースを選択できます。
  • 従来色空間はsRGBがメインでしたが、現在ではより色再現範囲が広く印刷に適したAdobeRGBが一般的です。
  • デジタルカメラのRGBをAdobeRGBに設定した場合、Photoshopのカラー設定のRGBもAdobeRGBに設定します。

プロファイルが埋め込まれた画像が保存される

  • 撮影された画像データにはカメラで設定された色空間プロファイルが埋め込まれます。プロファイルが埋め込まれる事で、常に画像データの「出生プロフィール」が明らかになり正確な色の伝達が可能になります。
  • カメラの設定でRGBを指定する

 画像データをPhotoshopで開く

  • 画像をPhotoshopで開きます。
  • その時Colorsyncの機能により一度絶対色空間Labに変換されます。
  • 図1 画像の流れ 2 - 3の部分
  • (1)画像がLabに変換される時、画像に埋め込まれたカラープロファイルを使って変換します。
  • (2)次にLabに変換された画像がPhotoshopに読み込まれる時、今度はPhotoshopの作業スペースに指定されたカラープロファイルを使って変換します。
  • 「編集」-「カラー設定」-「作業スペース」
  • 作業スペース指定
  • ※RGBの部分で指定したカラースペースが(2)Labに変換された画像がPhotoshopに読み込まれる時に使用されるカラープロファイルになります。

□ プロファイルの不一致/不明に対する初期設定

  • ファイルに埋め込まれたカラースペースとPhotoshopで設定した作業スペースのカラースペースが違う場合、または画像にプロファイルが埋め込まれていない場合の対応を指定します。
  • 「編集」-「カラー設定」-「カラーマネージメントポリシー」
  • ※ここでプロファイル不一致の場合の処理を決めておきます。
  • ■ オフ
  • プロファイルが無いのが正解と言う状態/作業用スペースと異なるプロファイルが埋め込まれていた場合プロファイルが破棄されてしまいます。通常は使いません。
  • 埋め込まれたプロファイルを保持
  • 埋め込まれたプロファイルを正しいと信じて運用する状態/通常はこれを選びます。
  • 作業用RGBに変換する
  • Photoshopの作業用スペースで設定した色空間に全て変換する状態。色空間が統一されるのでとんでもないミスは避けられますが、元画像のRGB値をいじる事になるので避けたほうが無難です。
  • プロファイルの不一致、プロファイルなし、のチェック
  • プロファイルが不一致の場合、または埋め込みプロファイルがない場合にユーザーに確認のダイアログを表示するかどうかを設定します。
  • 通常全てにチェックを入れておきます。

□ ファイル展開時のプロファイルエラーのダイアログ

  • プロファイルが一致しない場合や埋め込みが無い場合に下記のダイアログが出るので事前にミスを防ぐ事ができます。
  • 色空間不一致確認
  • ■ 作業用スペースの代わりに埋め込みプロファイルを使用
  • 埋め込みプロファイルを信じて使う設定。埋め込みプロファイルとRGB値、ともに保持されるので一番安心な選択。基本的にはこれを選択する。
  • ■ ドキュメントのカラーを作業スペースに変換
  • 作業用スペースのプロファイルに変換して運用する。RGB値が変わってしまう
  • ■ 埋め込まれたプロファイルを破棄
  • カラーマネージメントをしない設定。埋め込まれたプロファイルは破棄される。画像を開く時に破棄されるのではなく、保存時に破棄される。

□ ペースト時のプロファイルエラーのダイアログ

  • ペースト元とペースト先のプロファイルが一致しない場合に下記のダイアログが出るので事前にミスを防ぐ事ができます。
  • ■ 変換(カラーアピアランスを保持)
  • カラーアピアランスとは見た目の色の事、要するに見かけの色を変えないために画像を変換しますと言うこと。よって見かけを優先する代わりに大事な画像データのRGB値が変わってしまいます。
  • ■変換しない(カラー値を保持)
  • カラー値を保持のカラー値とはRGB値の事。見た目は変わりますが大事なRGB値は守りますということ。基本的に画像をいじらないこちらを選びます。

■ デジタルカメラ


■ フィルムカメラ
フィルム同時プリントフィルム同時プリント

デジカメプリントをご利用のお客様の声デジカメプリントをご利用のお客様の声
ネットプリントの価格とサイズネットプリントの価格とサイズ
ネットプリントのお届け納期と送料についてネットプリントのお届け納期と送料について
ネットプリントのお届けについてネットプリントのお届けについて

ネットプリント写真 お問合せネットプリント写真 お問合せ
ネットプリントご注文の際の質問ネットプリントご注文の際の質問


カラーマネージメントカラーマネージメント
デジカメプリントの日付についてデジカメプリントの日付について
デジカメプリントのトリミングについてデジカメプリントのトリミングについて
デジカメプリントに関するアドバイスデジカメプリントに関するアドバイス
デジカメプリントのキャンセルについてデジカメプリントのキャンセルについて

デジカメプリント写真 エラー発生デジカメプリント写真 エラー発生
クロネコヤマト荷物検索クロネコヤマト荷物検索