ネットプリント|プロが補正する写真プリント、写真現像はアビックスへ


HOME > サイドメニュー2 > カラーマネージメント > カラーマネージメント > 色管理 Photoshopのカラー設定 初期設定

色管理 Photoshopの設定 初期設定


Photoshoの初期設定

カラーマネージメントのためのOSとアプリケーション

  • パソコンで色を全体管理するCMSは、CMS対応OSとCMS対応アプリケーションが必要になります。
  • ここでは古くからCMS対応実績のあるMAC-OSX、代表的なCMS対応アプリケーション、Photoshopを例にしてCMS運用の設定を見てみます。
  • パソコンで扱うRGB画像やYMCK画像はデバイスディペンデントと言うデバイス依存の相対的な色です。
  • 相対的な色とは、色を確定するにあたり他の情報が必要になる色の事です。
  • ですので、このRGB画像やYMCK画像の値だけでは正確な色は特定出来ません。
  • この場合、必要な他の情報になるのが「プロファイル」です。
  • 「プロファイル」を指定する事でRGBやYMCKは正確な色を確定する事ができます。
  • カラーマネージメントを行うと言うことは、画像を「プロファイル」で運用することです。
  • 色を伝達する時の変換ルールに「プロファイル」を用いる事で常に正確な色を伝達できるようになります。
  • この伝達の仕組みを提供するのが、MAC-OS-XのColorSyncです。
  • ColorSyncは画像を変換する時に「プロファイル」を用いる仕組みを提供します。
  • また変換の時に、一度絶対色空間Labに変換する仕組みも提供します。
  • そしてColorSyncで提供される伝達の仕組みをアプリケーションレベルで完全サポートするのがPhotoshopです。Photoshopは「プロファイル」の運用に完全対応しています。

始めにPhotoshopの「カラー設定」を設定する

  • パソコンにPhotoshopをインストールしてまず最初にする事は「カラー設定」です。
  • 「編集」-「カラー設定」で下記の設定画面が表示されます。
  • 上部「設定」はあらかじめ用途別に各項目がセットされたグループを選択する事ができます。
  • 通常は「一般用-日本2」を選択します。

  • 「作業スペース」で、各画像の初期作業スペースを決めます。
  • 作業スペースとは要するにとりあえず「開く画像ファイルの色空間を何にするか?」をあらかじめ決めておく事です。とりあえずと言うのは、色空間が不明な場合もあるし、違う場合もあるからです。もし不明な場合や違う場合の対処はその下の「カラーマネージメントポリシー」で決めておきます。

  • 「一般用-日本2」ではRGBはデフォルトで「sRGB」になります。sRGBとはまだモニタの性能が低く色の再現性が狭い時代に、その狭い色空間に合わせてつくられた規格です。狭い色再現性に合わせて決められた規格ですが、当時マイクロソフトが半ば強引に推し進めたため広く普及してしまいました。その名残で今でもコンパクトカメラのほとんどがsRGBです。ただし狭い色再現性のため記録できない色の問題があり、現在ではより広い色再現性をもつAdobeRGBが適しています。
  • ここで設定したRGB作業スペースがPhotoshopでRGB画像を扱う初期色空間になります。

■ デジタルカメラ


■ フィルムカメラ
フィルム同時プリントフィルム同時プリント

デジカメプリントをご利用のお客様の声デジカメプリントをご利用のお客様の声
ネットプリントの価格とサイズネットプリントの価格とサイズ
ネットプリントのお届け納期と送料についてネットプリントのお届け納期と送料について
ネットプリントのお届けについてネットプリントのお届けについて

ネットプリント写真 お問合せネットプリント写真 お問合せ
ネットプリントご注文の際の質問ネットプリントご注文の際の質問


カラーマネージメントカラーマネージメント
デジカメプリントの日付についてデジカメプリントの日付について
デジカメプリントのトリミングについてデジカメプリントのトリミングについて
デジカメプリントに関するアドバイスデジカメプリントに関するアドバイス
デジカメプリントのキャンセルについてデジカメプリントのキャンセルについて

デジカメプリント写真 エラー発生デジカメプリント写真 エラー発生
クロネコヤマト荷物検索クロネコヤマト荷物検索